JCIは、会員が組織内で、また組織の枠を超えてリーダーシップを追求するうえで、彼らのスキルと能力の発展をもたらす外部団体との提携を誇らしく思います。主な提携パートナー一覧

国際商工会議所(ICC)

世界最大のビジネス組織であるICCは、企業が担う社会的責任と起業家精神を通じて平和と幸福を確保するという点において、我々と目標を共有しています。100カ国以上で4,500万社以上の企業を代表する当団体が提供するリソースにより、JCIメンバーは、各地域、各国、国際間でコミュニティ形成された商取引に参入することができます。

アイセック(AIESEC)

AIESECは「若者による、若者のための」を実践する国際的な非営利団体です。ボランティアや海外インターンなどの機会を通じて、個人が成長し、異文化理解を深める道すじを提供しています。AIESECと共に、JCIは世界中の青年リーダーの才能を認め、成長させます。

国連(UN)

JCIと国連とのパートナーシップは、1954年にJCIが、国連経済社会理事会(ECOSOC)から特殊諮問資格を授与された時に始まりました。国連は、人類に差し迫る最大課題に対して行動を起こします。国連との提携により、JCIメンバーには国際協力とコミュニティ開発に対する独自の視点が培われ、グローバルな変化を主導する側に参加する機会が与えられます。

ワールドビジネスエンジェル投資家フォーラム(WBAF)

スマート投資を通じた世界経済の強化を目指すWBAFは、国境を越えて活動し、起業家のための財源を創出しています。JCIとWBAFは、このパートナーシップにより、JCIメンバー間でのイノベーションを奨励するだけでなく、その革新的アイデアを市場で成就させるために必須の術を会員に提供します。

潘基文(パン・ギムン)グローバル市民センター

潘基文グローバル市民センターは、とりわけ女性と若者のためのリーダーシップ、仲裁、擁護、教育に焦点を当てている非営利団体です。同センターとJCIは、リーダーシップとコミュニティ開発に関する互いの関心を統合して、今日のグローバル問題に取り組んでいます。

Business Network International (BNI)

BNIとJCIは、起業家やビジネスリーダーを支援し、地域及び世界の経済を興隆させるために、協働します。BNIは目標の1つとして、専門家が夢を達成し、家族をサポートし、ビジネスを成長させる手助けをすることを掲げています。我々の国際ネットワークが連携すれば、そのグローバル・ビジネス・コミュニティに新たな機会をもたらすことができます。