2020年度オンラインJCIヨーロッパエリア会議授賞式褒賞受賞者

7月12日~21日、世界中のJCI会員と友人たちは初のオンラインによるJCIヨーロッパエリア会議にて基調講演、パネルディスカッション、エンターテイメントを楽しみました。2週間のプログラムは情報セッションや楽しいアクティビティ、ダブリンの味が詰まったものでした。

JCIヨーロッパチームと大会実行委員会は、7月20日に授賞式を開催し、地域、国家、国際レベルですばらしい影響力を発揮した優れたJCIの会員、組織、プロジェクトを表彰しました。

2020年のアワード受賞者全員をここで紹介します。

会員

最優秀新会員

Tara McGinley

アイルランド、JCIダブリン支部

2019年4月にJCIに入会したTaraは、リヨンでのディベートコンペティション、ヨーロッパエリア会議のアイリッシュナイトなどですぐにリーダーの役割を担い、2020年のコミュニティディレクターとなりました。環境正義の推進へ向けたその献身から、彼女はJCIダブリンワールドクリーンアップデーのプロジェクトリーダーとして、キーパートナーであるSmurfit Kappa社とダブリン市議会との調整を行いました。彼女の努力の結果、ダブリンのノースインナーシティから92袋分のゴミが回収されました。このイベントの準備をするためTaraは別の市のクリーンアップに参加し、地域のボランティアグループ、Friends of the Royal Canalとのつながりを作りました。来年JCIダブリン支部はより積極的なパートナーとして、このグループと関わっていく予定です。Taraはほとんどのローカルイベントに積極的に参加し、毎月のワークショップや多くの終日のトレーニングセッションにも出席しています。会員になって最初の6か月間における彼女の驚くべき功績は、地域の若いリーダーたちにも刺激を与えています。

最優秀会員

Mikkel Kaffka Schwarz

デンマーク、JCIコペンハーゲン支部

2019年を通してMikkelは地域、国、世界においてJCIを発展させる役割を担ってきました。地域ではMikkelはJCIコペンハーゲン支部において、優れた新規会員向けプログラムを支援し、新規会員がうまく会に馴染めるようにしました。彼は11名のゲストをホストし、9名の新会員へ「好調なスタート」(JCIの紹介)を手配し、支部の「プレゼンター」として会をまとめました。国家レベルでは、Mikkelはデンマークのアワードプログラムを管理し、国のディベートコンペティションで審査員およびトレーナーとして認められ、11の支部で「ワールドクリーンアップデー」の国家青年会議所(NOM)をサポートしました。国際レベルではMikkelはヨーロッパアカデミーで熱心なトレーナーを務め、タリンの世界会議でトレーニングコースを開催する名誉を得ました。コミュニティの活動的な会員としてMikkelは地域の政治活動にも積極的に参加し、公開討論のレベルの引き上げと民主主義の強化に貢献しています。Mikkelは地域の民主主義のために積極的に時間をかけるだけでなく、教育にも力を入れ、高校生にビジネスアイデアをプレゼンテーションする機会を与えるデンマークの起業コンペティション「ヤングエンタープライズ」の審査員を務めています。人のために奉仕するすばらしいお手本としてMikkelはアクティブな青年リーダーとは何を意味するかを体現しています。

最優秀理事長

Ellen Walker

英国、JCIマンチェスター支部

2019年は、Ellen Walkerが理事長となったJCIマンチェスター支部にとって、彼女のリーダーシップの優秀さを証明するすばらしい年となりました。いくつかの業績を挙げると、彼女は理事会を動かして一年間活発に活動を続けさせ、6回のソーシャルイベントを組織して400名以上の参加者を得、13回の研修育成イベント、7回のチャリティ福祉プログラム、そしてマンチェスター若き才能アワードまで開催しました。さらにEllenは、スポンサーを見つけ、JCIマンチェスター支部の財政を均衡させることに注力し、グループの長期的存続を確保しました。彼女は2019年に£9,000を調達することに成功しました。財政均衡を強力に確保するだけではなく、彼女は意識向上のためのプログラムを導入することにより会員の健康と福祉の増進にも務めました。法務分野で専門家として働くElenは、メンタルヘルスの傷の存在を強く意識しており、不安障害の人のための慈善団体であるAnxiety UKのプログラムへ彼女のコミュニティが参加していくことにより、必要としている支援を得られる人が増えるよう働きかけています。彼女はJCIのリーダーのすばらしい鏡です。

組織

最優秀新規LOM

JCIスートバヴィエール支部

ドイツ

JCIスートバヴィエール支部は、会員を地域社会へ参加させJCIを通じて積極的な変化を生み出すというすばらしい業績を挙げました。ドイツでもっとも急速に成長しているLOMのひとつで、支部拡大の重要な成功要素として、会員の育成機会の推進に力を入れてきました。42名の正規会員のいるコミュニティにおいて、新しい仲間を見つけるために異なるチャネルに働きかけ、さまざまな種類の人々が属する強力なネットワークへアクセスすることのできる、地域のネットワークや政治イベントに参加しました。今年はこのチャネルから既に32名の新会員を得ており、彼らのプレゼンスを通じてJCIの活動に300名以上の人が注目するようになりました。修辞学、公式行事への出席、機動性の高い仕事などの数多くの分科会を提供することにより、会員はこれらのスキルを利用し、創設から1か月後には真のリーダーシップと成長を示して、JCIラインラント・プファルツ支部の理事会へ選ばれました。JCIスートバヴィエール支部は、会員を増やし、コミュニティへの参加を強め続けており、ドイツにおける強い支部となりつつあります。

最優秀LOM

JCIアダナ支部

トルコ

JCIアダナ支部は、関係者の結束により地域社会に持続可能なインパクトを与えた組織であることを誇りとしています。持続可能なインパクトを生み出すためにACFを使用して協力し集団で行動することにより、JCIアダナ支部は彼らの事業計画に貢献しています。20名以上の国と地域の関係者と一緒にプロジェクトで作業をすることにより、彼らは意欲を高め、コミュニティにおいて複数のイベントに従事しています。この支部は、会員への投資にも力を入れており、30%の成長という戦略目標を達成すべく、持続可能な形で成長していくための融資を行っています。多くの平和イベント、環境プロジェクト、地域への働きかけ、および会員へのエンパワーメント活動を通して、JCIアダナは、革新的で持続可能な青年のコミュニティを一緒に生み出していく活動に光と意欲とを与えています。

プロジェクトとプログラム

最優秀組織間協力プロジェクト

イフェクティブウィークエンド

アイルランド、JCIゴールウェー支部

新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中、意欲と積極性の維持に多くの会員が苦労していることを知ったJCIゴールウェー支部は、イフェクティブウィークエンドというプロジェクトを組織し、一連のJCIリーダーシップトレーニングセッションを開催しました。LOMおよびNOMのため、より多くの将来のリーダーを育てるための活動として、JCI会員は最新のビデオ会議技術を活用し、すべての対面型トレーニングをオンラインバージョンへと変換しました。これはJCIトレーナーにも新しい学習機会をもたらすこととなりました。6か国の6人のトレーナーと、アイルランドの4つの支部、15か国以上の会員と提携したイフェクティブウィークエンドでは、多種多様なグループの人々が力をあわせて学習と成長を続けました。これは、変化する世界へ適応し、この困難な時期にあっても会員がトレーニングと成長の機会を得続けられるようにした、すばらしい例です。

最優秀地域平和プロジェクト

平和のための植栽

トルコ、JCIアダナ

最近亡くなった会員を記念して、JCIアダナは、平和という意味の名前を持つBarisを讃える平和のための植栽を行いました。2段階からなるこのプロジェクトは、異なる言語を話し、異なる宗教を持ち、異なる人種である人々を集め、「平和は実現可能である」ということを学び、参加者の間のシナジーを生み出しました。花を植える分科会を通じて生み出されたシナジーは、平和と人々のつながり、コミュニティの強化を象徴するものです。第2段階として、会員は自分たちが住む都市の文化的価値を、若い人たちへ紹介し説明することを目指し、モロッコ、チュニジア、エジプト、アルジェリア、スーダン、ウクライナ、ルーマニア、ガンビアからこの都市へ来た人々が話をしました。

最優秀地域コミュニティエンパワーメントプログラム

アクティブライフへの平等な機会

モルドバ、JCIウンゲニ支部

ウンゲニ市における運動障害を持つコミュニティメンバーの生活の質を向上させる必要性に気づいた会員は、障害があることを理由とした社会的な排除や差別を減らすために動き出しました。会員はこのプログラムを通じて民主的価値を広げ、偏見のない社会の進歩を促進することを目指しました。3か月間続くこのプロジェクトには、地域社会と地方当局の参画と協力が必要でした。プロジェクトの目標を達成するため、会員はコミュニティ内の障害を持つ10人の方のための募金を目的にスポーツトーナメントを開催し、2名の方に新しい車椅子を贈ることができました。ボランティアの助けを得て、JCI会員とコミュニティからなる10のチームは、このイベントで競い合い、エントリー料金とオークションの売上を募金しました。全体としてこのプロジェクトは、差別を減らし、積極的な社会生活のための平等な機会を提供することにより、人類への奉仕が人生最善の仕事である、というJCIミッションを実現しました。

最優秀地域企業社会責任(CSR)プログラム

ダウン症協会支援コンサート

トルコ、JCIカルチャー

彼らの引継式の伝統をよりコミュニティに影響を与えるイベントにすることを望んだJCIカルチャーの会員は、その引継式を、トルコのダウン症協会との協力イベントにすることで、募金を行うとともに、この大義の認知度を引き上げていくための活動にしました。14のさまざまなブランドと4人のアーティストがプロジェクトのスポンサーとなったこのプロジェクトの目標は、障害者グループの認知度を高め、大きなブランドがその企業の社会的責任の約束を果たし続けることを確実なものにすることでした。チャリティコンサートは、地域における認知度を高める上で役立ち、社会責任プロジェクトとJCIの両方を支援しました。

最優秀地域経済開発プログラム

若い起業家のためのミニMBA

ルーマニア、JCIブカレスト

若い起業家のために起業分野の支援を行う必要性を感じたJCIブカレストの会員はメンタープログラムを開発しました。若い起業家のためのミニMBAは、5か月間のメンターシッププログラムとビジネススクールにおける学習で、若い起業家がその事業を成長させ、経験の豊富な起業家や専門家との交流を通じて、ノウハウの移転に取り組むもので、起業家は持続可能で成功するビジネスを構築するベストプラクティスを学ぶことができます。実際のルーマニアのケーススタディに基づくこれらのトレーニングは、若い人々に、コミュニティにおいてより優れた事業を行うために活用できる具体的なスキルを学ぶチャンスを提供します。

最優秀地域グローバル目標プロジェクト

Alături de Medici / 医師に寄り添う

ルーマニアJCIコンスタンツァ支部

より多くの個人防護具が必要であることに気づいたJCIコンスタンツァ支部の会員は、医師と医療従事者、警官を助け、彼らがコミュニティのために働く間、新型コロナウイルスから彼らを守るため、フェースシールドとマスクの生産を開始しました。2名の地域の起業家の助けを得て、JCIコンスタンツァのAurelian AnghelescuとVasile Catalinはこれらのパートナーから提供されたCNCマシンを使用してフェースシールドを提供することができました。持続可能なプロジェクトとするため、将来のためにフェイスマスクとマスクのひも部分の3Dプリントの設計図を作成し、このプログラムを新型コロナウイルス感染症に対する3つの顔面保護製品の供給プログラムにしました。JCI中長期戦略計画の下で結束した会員は問題へ対処するための消極性を受け入れ、状況を好転させるための方法を見つけることにより、将来を形作っていく責任を負いたいと考えています。

最優秀地域成長開発プログラム

何よりも人が大切: 人へ投資することによる、地域の成長開発についての首都のストーリー

トルコ、JCIアンカラ支部

新しい年のリーダーシップの目標を決定するためにSWOT分析を行った結果、JCIアンカラの新任の理事会は2020年の焦点として7つの柱を設定しました。重要な柱として、地域社会の中で支部の存在感を増していくこと、地域の支部のブランド力を構築すること、そして社会のさまざまな分野で会員を増やすことが挙げられます。時間軸を長くして見ていくことにより、理事会は1年を通してそれぞれの柱を達成していくことができるでしょう。1年を通して高い基準と目標を設定することはJCIアンカラの会員がその事業計画とJCIの価値観を忠実に実行するための1つの良い方法です。

最優秀地域対人スキル開発プログラム

行動を起こさせる-リーダーを育てる

英国JCIノッティンガム支部

若きリーダーたちに行動を起こすきっかけを与え続けたいと考えるJCIノッティンガムは、ノッティンガム・トレント大学との提携を通じて地域社会と学生を対象とした、トレーニングと育成のためのイベントを開催しました。比較的新しい支部であるJCIノッティンガムは、会員の経験を豊かなものにし、個人の育成の機会を創造し、継続的な学習を促すことを目的とした、技能開発(JCIトレーニング)「行動を起こさせる」を創設しました。2019年1月に指導し、年末まで続けられたこのトレーニングは、毎月、異なる業界の専門家を招いて個人育成コースを開催しました。トレーニングセッションの中には、「目標設定と動機づけ」「、自分のビジネスアイデアを開発する: 起業スキル」、「人脈作りとパーソナルブランド、リーダーを育てる」、などのプログラムが含まれます。若いリーダーを育てることの力を真に証明したこのプロジェクトは、これらのセッションに参加したコミュニティにおける250名の若い人々を大きく動かしました。

最優秀長期地域社会プログラム

トルコでアジアの企業を結び付ける

トルコ、JCIバフチェシェヒル

トルコにおける、強力な起業家精神と事業中心のコミュニティの存在から、JCIバフチェシェヒルの会員は、アジア太平洋地域の国々とトルコの間の貿易関係を強めたいと考えました。共同作業を始めることを望んだ会員は、トルコ海外経済評議会(DEIK)、トルコ産業事業協会(TUSIAD)、中国トルコ研究所などからゲスト後援者を招いてイベントを開催したり、JCIアジア太平洋地域のネットワークと協力してインドネシア、フィリピン、台湾で3つのイベントを開催しました。JCIアジア太平洋ネットワークと共同作業を行うことにより、会員は、貿易関係への新たな参入に関心を持つ企業のリーダーを合わせ、産業をつなげるために役立つ企業をリンクさせるプラットフォームとなることを目標としました。トルコの起業家たちにより多くの注目を集める上で役立ったこのプロジェクトは、国家間の画期的な共同作業のお手本であり、世界の企業を引き合わせるものです。

最優秀地域プロジェクト

アクティブライフへの平等な機会

モルドバ、JCIウンゲニ支部

ウンゲニ市における運動障害を持つコミュニティメンバーの生活の質を向上させる必要性に気づいた会員は、障害があることを理由とした社会的な排除や差別を減らすために動き出しました。会員はこのプログラムを通じて民主的価値を広げ、偏見のない社会の進歩を促進することを目指しました。3か月間続くこのプロジェクトには、地域社会と地方当局の参画と協力が必要でした。プロジェクトの目標を達成するため、会員はコミュニティ内の障害を持つ10人の方のための募金を目的にスポーツトーナメントを開催し、2名の方に新しい車椅子を贈ることができました。ボランティアの助けを得て、JCI会員とコミュニティからなる10のチームは、このイベントで競い合い、エントリー料金とオークションの売上を募金しました。全体としてこのプロジェクトは、差別を減らし、積極的な社会生活のための平等な機会を提供することにより、人類への奉仕が人生最善の仕事である、というJCIミッションを実現しました。

最優秀国家フラッグシッププログラム

フレンドリービジネス褒賞

アイルランド、JCIダブリン支部

若きリーダーを育てることは、コミュニティ内のすばらしい企業を表彰することを意味します。フレンドリービジネス褒賞は、JCIダブリンが開発した、さまざまな分野において、顧客サービスに優れた企業に焦点を当てるプロジェクトです。この分野には、デジタルエクスペリエンス、顧客ケア、コミュニティインパクト、老人への配慮、環境への配慮、ショップレイアウト設計、障害者アクセスなどの多くの分野が含まれます。アイルランド各地のJCI支部が、現地イベントを開催し、その地域において、もっとも優れた顧客サービスを行う企業が表彰されます。受賞者は、国家レベルの決勝戦へと進み、勝者は大きな授賞式において栄誉を与えられ、既存のパートナーシップを強化し、新しいつながりを作り、事業をJCIへ統合し、新しい会員を惹きつけるなどの利益を得られます。このプロジェクトの結果、JCIダブリンでは会員数が10%以上増加し、地域と国における新しいパートナーを得ることができ、JCIにおける共同作業とイノベーションの真の証明となりました。

最優秀国家成長開発プログラム

2020年マネジメントキャンプ

トルコ、JCIアンカラ支部

JCIアンカラ支部の会員は、国家青年会議所(NOM)と各地会員青年会議所(LOM)の間で、年間の目標、戦略、イベントを調和させる必要性に気づきました。彼らは、着任する理事を効率的にトレーニングすることを助け、JCI会員とセネターの間の交流と協力を増加させることにより、管理能力を向上させることを希望しました。2020年マネジメントキャンププログラムを創設することにより、会員は、国家青年会議所(NOM)と各地会員青年会議所(LOM)の両方で、組織の能力を強化することに注力することができました。マネジメントキャンプ中に培われたシナジーにより、各支部はそれぞれの都市における会員勧誘活動を活発化させ、JCIアンカラの会員は、各地会員青年会議所(LOM)における活動が20%増加したことに気づきました。会員勧誘活動と新任の理事への強化トレーニングへの積極的な参加における驚くべき努力は、持続可能なリーダーシップを育てようとするJCIの献身の表れです。

ディベートと演説

ディベート

スコットランドJCIチーム(英語)

ブランクチーム(フランス語)

Ritter der Schwafelrundeチーム (ドイツ語)

非公式のオンライン欧州ディベート優勝決定戦(オンライン)は、ヨーロッパ全体から参加者を得て、英語、フランス語、ドイツ語で行われました。

演説

Sonia Ahmadi

JCIノルウェー

非公式のオンラインヨーロッパ演説コンペティションは英語で行われました。

即席演説

Giselle Borg

JCIマルタ

はじめて、即席演説が英語で行われました。このプログラムでは参加者は演説内容の準備に数分しか与えられず(通常は1日前にトピックを通知)、わずか2分間で自由に演説をします(通常は15分)。