2021年JCI 10人の傑出した若者たち発表!

Image

毎年、「10人の傑出した若者たち」(TOYP)の発表がありますが、これらの意欲ある若いリーダーたちは、JCIの理念を象徴するリーダーシップ、創意工夫、決断力を体現しています。

先月、JCIでは2021年度のJCI傑出した若者たち受賞者の一般投票を行いました。また、10人の傑出した若者たちの最終審査では、2021年度JCI会頭の小島龍文氏、BNI会長兼CEOのグラハム・ウェイミラー氏、JCIアンバサダーのキャサリン・スパークス氏、Brainswork GmbHのチーフ・ビジョナリー・オフィサーであるスヴェン・ダム氏の最終審査団が、TOYPの上位20名の候補者の審査を行いました。20人の優秀な最有力候補の間で激しい競争が繰り広げられましたが、最終的には10人のきわめて優秀なリーダーたちが選ばれました。医療の革新から個人の能力開発まで、各受賞者が示した功績はこの誉れ高い賞にふさわしいものです。

私たちの名誉ある2021年の10人の傑出した若者たちをリストします(ファーストネームのアルファベット順)。

Chadi Khatib – シリア 

Chee Sian Kuan – マレーシア 

Christopher Arida – レバノン 

Edmund Heng – マレーシア 

Hansley Noruthun –モーリシャス 

Jennifer Canaveral – コロンビア 

Saleem Najjar – シリア 

Sinead Kane-アイルランド 

Srikanth Bolla – インド 

Temie Giwa-Tubosun – ナイジェリア

これらの10人の傑出した若者たちは、今後、JCIの公式ブランドアンバサダーとして活躍することになります。彼らは、JCIの目標である「4つの機会領域を通じて、変化の激しい世界で活躍する意欲ある若いリーダーを育成する」ことを十分に理解した上で、独自の課題を克服していくことで、自分自身の目標だけでなく、JCIのミッションにもスポットライトを当てていきます。彼らの使命は、これからの12ヶ月間、彼らのオーラとネットワークにより、JCIのブランド認知度と知名度を高め、新会員を募集し、既存会員の意欲を高め、新しい企業パートナーを開拓していくことです。2021年度JCI 10人の傑出した若者たちについて 各受賞者の詳しい経歴を10人の傑出した若者たちのウェブサイトで紹介しています。また2021 JCI世界会議に登録すると、オンライン表彰式での正式な表彰の様子を見ることができます。