50年以上にわたり、JCI基金は世界各国JCIメンバーとプロジェクトを支援してきました。米国の501(c)3団体として認定されているJCI基金は、次世代のグローバルリーダーの育成基金として800万ドル以上の寄付金を集めています。

皆さまのご支援により、JCI基金は、十分に充実した開発助成金の取り組みを通じて、JCIの会員および組織を支援し続けることができます。

• リーダーシップスキル研修
• 会員募集
• インフラストラクチャー
• 地域および国のイベント

JCI基金理事会は、幅広い分野のステークホルダーによって構成されていますが、JCI会頭、前任のJCI会頭、財務官、事務総長が常に構成メンバーとして参加しています。

理事会は、JCI基金への寄付金がすべて適正に記録され、運用されていることを保証します。理事らは、出資可能な助成金額を決定し、また、会員に対して組織への恩返しとしての献金を呼びかけています。

基金会長

原田憲太郎

基金財政顧問

天木一貴

基金ディレクター

Jan van Nieuwamerongen

基金ディレクター

Gary Ko

基金ディレクター

Ellen Tsang

Itai Manyere

直前会頭

Alexander Tio

財政顧問

Amzad Hussain

基金投資顧問

Jochi Sho

基金法務顧問

清水利春

基金会長

原田憲太郎

基金財政顧問

天木一貴

基金ディレクター

Jan van Nieuwamerongen

基金ディレクター

Gary Ko

基金ディレクター

Ellen Tsang

Itai Manyere

1982年2月20日生まれのManyereは2004年、ジンバブエのJCIハラレ支部に入会しました。彼は理事を務め、2006年にJCIハラレの理事長を務めています。2008年彼はJCIジンバブエ理事会の様々な役職を務め、最終的に2014年にJCIジンバブエ会頭となりました。

国際レベルではManyereは2015年JCIアフリカ中東地域担当副会頭を務め、その後2016年JCI能力開発委員に任命され、続いて2017年JCIアフリカ中東地域の成長開発委員、2018年JCIアフリカ中東地域担当常任副会頭を務めています。

2019年、ManyereはJCI会頭のチーフエクゼクティブアシスタントを務めました。彼はJCIエリア会議に12回、JCI世界会議に8回、JCIグローバルパートナーシップサミットに2回出席しています。彼は日本の福山における第26回JCIアカデミーを修了し、JCIセネター会員No.74629の称号を与えられています。

直前会頭

Alexander Tio

1979年10月15日にインドネシアのメダンに生まれたTioは、中国北京の精華大学のエクゼクティブMBAの学位と、米国ブルーミントンのインディアナ大学から経済学の学士号を得ています。彼は現在、2004年に彼が創立したエレベーター会社のCEOを務め、親会社の取締役も兼任しています。

彼は現在妻のAelyn Halim、娘のArthaliaと共にインドネシアのジャカルタに住んでいます。Tioは2004年にJCIメダン支部に入会しました。彼は2009年JCIメダンの副理事長を、2013年のJCIインドネシアの会頭を務めています。

国際レベルではティオは2014年のJCI副会頭を、2018年のJCIアジア太平洋地域担当常任副会頭を務めています。彼はJCIエリア会議に15回、JCI世界会議に8回出席しています。彼はJCIセネター会員No.71688の称号を与えられ、JCI基金のヘンリーギッセンバイヤーフェローです。彼は英語、中国語、インドネシア公用語を話します。

財政顧問

Amzad Hussain

1982年11月30日にバングラディッシュのダッカで生まれたHussainは、MBAを修得し、消費者向け製品の製造会社の取締役として働いています。彼は家族が経営する旅行観光会社の取締役の地位にあります。彼はバングラディッシュプレミアリーグのフランチャイズクリケットチームの共同オーナーでもあります。彼は現在、バングラディッシュ商工会議所連合会(FBCCI)の理事を務めています。

彼は妻のSarahと娘のNisa、Alzeenaと共にバングラディッシュのダッカに住んでいます。Hussainは2001年JCIダッカ東部支部に入会しました。彼は2012年の理事長を、2014年の会頭を務めました。国際レベルでは、Hussainは2016年のJCI副会頭を務めています。彼は2012年と2013年にアジア太平洋開発協議会の評議員を務め、2015年にはJCIパートナーシップ委員会の委員、2017年にはJCI同窓会委員会の委員を、2018年にはJCI戦略計画委員会の委員を務めています。彼はJCIエリア会議に9回、JCI世界会議に7回、JCIグローバルパートナーシップサミットに3回出席しています。

彼は2013年に日本の福山で行われた第26回JCI日本アカデミーを修了しています。彼はJCIセネター会員No.71987の称号を与えられています。彼はJCI基金のヘンリーギッセンバイヤーフェローです。彼はJCI公式研修と推奨研修のJCIトレーナーです。2019年彼はアジア太平洋地域担当常任副会頭を務めました。彼は英語、ヒンズー語、ベンガル語を話します。

基金投資顧問

Jochi Sho

基金法務顧問

清水利春